性生活の活性化プログラム

性生活を健全なものにし、双方にとって満足できるものにするのに性生活の活性化プログラムが役立ちます。これを実行するには夫が参加することが必要です。にもかかわらず夫が協力するのを拒むとすれば、あなたがたの問題は深刻であると考えられます。反して、夫の協力が得られ、このプログラムを応用できれば、そして、わずかでも効果が表れてくると、夫が、あなたと一緒にセックス・カウンセラーを訪ねてくれる可能性が高まると考えてよいでしょう。
次の十のステップがありますが、あなたと夫に該当するかどうか、順を追ってチェックしてみてくだきい。
結婚に悪いイメージを持っていても、一歩踏み出してください!結婚相談所 比較 から結婚相手を探せば、あなたに合った探し方も探せるので不安や悩みも解決してくれるサービスを見つけられます。
1、まず、一切の性行為を中止します。そのことで、性行為をうまくやらなければならないという緊張感から解放され、次に示すステップに進みやすくなります。
2、次に「性生活の問題が生じても不自然ではない」と紙に書き、鏡に貼ります。だれにも聞かれない時に、一日に十回、声を出して読み、自分に言い聞かせます。とくに子供に見られたり、聞かれたりしないように注意してください。
3、問題の原因に生理学的なものがあるかどうかを医師に相談します。(たとえば、インポテンツは生理学的な原因によって発生することもあります)
4、コミュニケーション改善プログラム〉を用いて、二人の間のコミュニケーションが明確にできているかどうかをチェックします。そして、次の章で紹介する〈適合性を高めるプログラム〉を応用してみます。
5、前に記した自動的に浮かんでくるネガティブな思いを調べます。先に掲げたリストを少なくとも一日に一度は読み返します。そして、とくにあなたに該当するものをいく度も繰り返します。同じことを夫にもやってもらいます。
6、修正したいと思う考えを言い換える作業をします。その特定な考えの影響力を弱めるために、別なポジティブな思いに言い換えます。たとえば、「オルガスムを得られなかったらどうしよう」とか、「早くくいったら〉どうしよう」などといった思いを、「別にオルガスムを得られないからって、どうだっていうの?」「これから先、得られるんだから」といった思いに言い換えるのです。これを一日に何回も自分に言い聞かせます。

モテる女になるための大事なポイントまとめ

●みんなといる場所でモテるコツ。それは、そこにいる全員が楽しく
なるように、目配りしていることです。自分自身はつかれちゃいますが、
みんなが楽しんでいるところを見て自分も楽しめたら良いですね。
●みんなの中から、特定の相手にモテるには、その人を「特別扱い」で
差をつけましょう。
●会話でモテるワザ①
「あなたが……」ではじめます。「わたしが……」からはじめない。
●会話でモテるワザ②
相手の意見に対しては、まず「そうですね」。「でも……」とは切り出
さないこと。
●会話でモテるワザ③
話すきっかけは、自分からつくりましょう。相手の不安を取りのぞ
けるように。
このページで紹介しているのはちょっとしたことです。これらを
マスターしてモテる女になりましょう!→出会いがない 社会人
●会話でモテるワザ④
相手に対して、思ったこと、いいところは口にします。「見てくれて
いた」とわかるのは、うれしいものです。
●会話でモテるワザ⑤
相手が言ったこと、趣味などは覚えておきます。そして次に会った
とき、その話題を出すのです。
●会話でモテるワザ⑥
相手に恥をかかせない言い方をしましょう。それには、「いろんな点
で、人はみんなちがう」のが、わかっていることです。
●会話でモテるワザ⑦
体調を聞くときは、「調子はどう7.」。まちがっても、「顔色悪いけど、
どうしたの?」などと、否定的な言葉を使ってはいけません。

彼女兼有能な秘書、そうなれたらベスト

会社に勤めていた頃、秘書的な役割をする女性がいました。だからといっ
て、彼女は僕の個人秘書ではありません。僕は雑誌の編集長をしていて、彼女は
その編集部の事務の仕事をする人でした。
でも、時には僕の秘書としての仕事もしてくれました。
あるとき、僕が彼女に、
「あのう、あれ……」
と言っただけで、彼女は僕が何を探していたのかわかり、それをさっと差し出し
てくれました。
最初に説明したとおり、彼女は僕の個人秘書ではありません。編集部全体の事
務の仕事をするのが、彼女の役割だったのです。にもかかわらず、僕が「あれ」
と言っただけで、僕の欲しいものがわかったのです。
正直なところ、僕は驚きました。
気の利いた女性はモテます。頑張ってください!→
似たような経験をこのあいだ、僕はあるレストランでもしました。たまにラン
チを食べに行くお店で、僕は食後につまようじを頼もうとしたのです。そして、
店内にいるウェイトレスの人を見つけようとしたとき、顔なじみのウエイトレス
がさっと小さなつまようじ入れをテーブルに置きました。
「そろそろ、言われるかと思って」
と、彼女は言いました。
僕がそのレストランに行くのは、せいぜい月に2,3回です。比較的長いつき
あいにしても、その程度の頻度です。彼女を知ってから1年ちょっとだと思いま
す。秘書役の女性だって、会社の決まりで1年で辞めていくアルバイトです。気
がつく女性は短い期間でも、人のことをしっかり観察しているものだなと、僕は
感心しました。そんなふうにされたら、男はその女性が好きになります。
本当に単純かもしれませんが、たったそれだけのことで女性を好きになるのが、
男なのです。

2,30代は、働かされ過ぎで

配偶者を求める二、三十代は、あまりにも働かされすぎ、私生活が持てないのだ。地域
の趣味サークルやボランティア団体で女性と一緒に活動するうちに、学歴や身長などは問
題にならない恋が生まれる、といった機会が持てない。男性ばかりの職場にいる人は、女
性と無縁のまま年を取ってしまう。
人事管理にあたる中高年男性は、同じようにメチャクチャに働いていても、誰かがどこ
かから女性を連れてきて添わせてくれた。その感覚で若い同性を働かせているのだから、
たまったものではない。
女の配給がストップした社会で、自分の人間的力避によって女性を狸得せざるを得ない
としたら、そのための場と、時間がいる。新しい男女関係という文化は、舞台を与えられ
なければ開花しないのである。
「デート休暇、見合い休暇が独身男性に与えられなければ」と女性の結婚相談員が切実な
声で言う。それはやがて、夫として父として、一市民としてすごす時間を与えよ、という
主張につながっていくのだろう。
現代男性は仕事に忙殺されている人が多い。そんな中での結婚相手探しは大変ですが、
幸せの為に頑張ってください!→マッチドットコム口コミ
結婚したければ、そのための行動を起こさねばならない。それができない社会と一戦ま
じえねばならない。
女性と、人間的ないい関係を結べる日本男性は数少ないのだから、視点を変えれば、今
ほどもてやすい、競争相手が少なくて結婚しやすい時代はないともいえる。
しかし多くの男性は、このままでは自分が結婚できない事実を、主体的に広い視野でみ
つめようとはしない。
風采がサエないから、出身校が一流じゃないから……とひがみ、街行く女性に怨(えんさ) 瑳の目
を向けながら、何もせずに年を重ねる。日本の社会に、無気力な独身男性が蓄積していく
ばかりである。

行動しなきゃ売れ残るだけ

NHK「おはようジャーナル」は、八七年秋に、男性の結婚難問題を取りあげた。この
番組らしく独身男女の人口のアンバランスなどのデータを駆使したのち、アナウンサーと
ディレクターの男性二人が、「いやあ、われわれは結婚できてよかったですね」とうなず
き合うラストが印象的であった。
結婚難が「農村」「中学卒」などに限定された問題であるうちは、花形職業の男性がこ
んなことを言えばイヤミだ。あらゆる階層、あらゆる職業の男性に、それぞれの結婚難が
しのびよっているという共通認識ができてきたから、こういうジョークが通用する。マス
コミ界の男性にとって、結婚難はもはや他人事ではなくなった。だからこそ先のトーク番
組のような拒絶反応も起こる。
この問題に速効薬はない。結婚させることが商売の結婚相談所職員の対応のしかたは、
いくつかのタイプに分かれる。
若手の男性相談員は、悲憤懐慨型が多い。自分は結婚し、小さい子がいる世代の人びと
である。
「二十六歳やそこらで、年収四百万取ってるヤシがどれだけいますか。身長が低いと人間
がダメだというんですか。とにかく女は非現実的で身勝手すぎるんです。人のいい真面目
な青年が全然結婚できないなんて世の中狂ってますよ」
「ウチは民間企業ですから、お金を払ったお客さまに一定の数のお相手を紹介する義務が
あるわけです。背が低い男性には登録をご遠慮願っています。ウチの社が悪いんじゃない
ですよ。悪いのは女性たちです。背の低い男性には会おうともしないんですから」
ベテランの相談員は、男女を問わず、地道に花ムコ教育に取りくんでいる。
「自分の下着を洗うのがイヤになったから、結婚して全部やってもらおうなんて了見しか
持っていない男性が多いんです。共働きなら家事を分担して、平等のパートナーになる気
でないとダメだと話してあげなきゃいけない。それから今どきの女性は、恋愛感情もない
のに平凡な男のところへ嫁にくるようなことはないんだと状況のきびしさを知ってもら
う」
男性の結婚難は深刻なんです。早くしないといい男は他の女性に
とられちゃいますよ!→結婚相談所 選び方
教育を受けた結果、自己変革するよりあきらめる男性のほうが多そうだ。
これまで男性優位が強すぎただけに、女性の側からは「男が余る」現象を小気味よくな
がめがちだが、男性にも同情されていい事情はある。

マンガのヒーローは結婚をめざす

世の中の変化を一番敏感にキャッチし、もっとも柔軟に受け入れるのは、この国ではコ
ミック界である。先の『めぞん一刻」に限らず、結婚するために苦闘する男性が登場する
作品が、次つぎに生象出されている。
柳沢きみお作「妻をめとらぱ』(小学館)の主人公は、「才たけて見目うるわしく情あり」
を満たす相手と結婚することを、人生の至上目的としている二十代前半の証券マン。一流
私大を出て人並以上の容姿をもつ彼は、さまざまな女性にアタックするがうまくいかず、
「毎日四人の女性を紹介」してくれるコンピューター見合いの会社に登録する。
登録料は二九万円もするが、ローンにすれば月一万円余り。次つぎに紹介される女性の
何人と同時に交際しても自由である。決定的にすばらしい女性と出会うまで、女性をどん
どんストックすればいいのだと主人公は考え、「まるで、ハーレムみたいですね」と勇んで
入会する。
そうして一ヵ月後、三人の女性が紹介されてくる。データを読んだのち、オフィスに集
中管理されている写真を見に行き、まず「ちょっとブス」を落とす。あとの二人、地味な
美人とハデな美人に会いたいと会社に連絡するが、会社から来た返信によれば、ハデなほ
うは自分にNOの返事をよこしたという。
「あんの野郎~っ!」と怒った彼は、読みすすむうちに次のショックを受ける。
「な、なんと、俺が断った、ブスの娘も俺を断っていたなんて!!」
主人公の頭上に「ズキーン」と白抜きの大文字が入る。双方がOKを出したのは地味な
美人だけであった。彼女に電話してみると、男性会員が多いせいか、そちらには七人もの
男性が紹介されており、四人にOKの手紙を出した、彼の写真は見ていないとの返事。
「なんだァ、じゃあ、俺の容姿を気に入って返事をくれたわけじゃないのかァ……」と落
胆する。彼女と会ってみるが、会話ははずまない。
二度目に紹介された三人のなかに交じっていた「とびっきりの美女」にOKを出すが、
相手はNo。
次に会えた女性は、写真よりも美しく主人公はホクホクする。ところが彼女は、これま
でに会った10人の男性を全部ボーイフレンドにしているという。呼び出しては金を使わ
せて遊んでいるのだ。彼も六千円のステーキをおごらされ「ごちそうさまァ」と去られて
しまう。女性のほうが、男性をストックしていたのだ。
男性も結婚相手に人それぞれ忙しい。男女共にこちらで頑張りましょう!→
せっぱつまった彼は多数の会員が直接会える.ハーティーに賭けようとする。一流ホテル
の宴会場で、感じのいい若い女性に話しかけると、「私お医者さんか弁護士さんを探して
いるものですから」と一蹴される。
壁の花となった彼に、中学卒の板前が話しかけてくる。
「入ってわかったけど、結婚情報産業ってよ、甘か-ねェ世界だぜェ。異性に縁のないや
つが、金さえ払えばすぐに相手が見つかると錯覚しちまってる。一般社会でもてないやつ
は、この世界では、さらにもてないってのに気づかずによ-、だってよ、女も男も、より
真剣に、よりシビアに、相手を選ぼうとしてるんだものさ……」
実在の結婚産業をちゑつに取材して作られたこの喜劇は、実話よりもリアルである。